今は健康や美容の為に青汁を取り入れる人が増えてきました。でもM子、青汁と言ったら『まずい!!もう一杯!!』のイメージが強くて…どんなに体に良いものでもまずい物なんて飲めません。そんな感じの青汁なんて ぺ〜〜!! と思っていた時、青汁大好きな友達に無理やり飲まされて『うん??おやおや?…おいしい!!青汁おいしい!!』とビックリしたわけです。そしてもっと驚いたのが便秘が解消されたことです!!飲むと出る!飲まないと出ない…。私の腸内環境を左右することになった『青汁』青汁を飲み始めてから便秘しません!太りません!!肌も美肌です。こんな『素敵な青汁』もっとみんなに飲んでもらいたい!!ということでサイト作っちゃいました。青汁選びの参考にどうぞ

 

 

青汁総合ランキングを見る

 

美容青汁ランキング
ダイエット青汁ランキング
青汁サプリランキング
お得な青汁比較


藍の青汁     





体にいいのは知っているけど・・どこの青汁も一緒じゃないの?いいえ!えがおの「青汁満菜」は違います!!1日1杯で1日分の野菜350g以上の栄養素を補うことができます。大麦若葉、長命草をはじめ、ケールや桑の葉などの有機原料を10種類と24種類の厳選された健康素材を贅沢に配合しています。これで健康にならないわけがない!!生活習慣病、高血圧の予防、血液サラサラ効果、更年期にもおすすめ。デトックス効果で腸内環境を整え、アンチエイジングや美肌効果までも。ダイエット効果も期待できるか・・毎日1杯で体きれい効果!! とにかく続けることが大切です。「青汁満菜」は水やお湯にもサラッと溶けて、のどごしまろやか。ゴクゴク飲めるおいしさ。ぜひお試しください。





 

美容青汁ランキング
ダイエット青汁ランキング
青汁サプリランキング
お得な青汁比較

 

青汁レシピ

 


ケールは地中海沿岸に生殖しているアブラナ科の植物でキャベツの一種です。一年中栽培できる生命力の強い緑黄色野菜のケール。栄養価がとても高く、ビタミンA、カルシウム、ビタミンC、ミネラル、食物繊維、葉酸、たんぱく質なども豊富で青汁の原料に最適で緑黄色野菜の王様といわれています。粘膜を正常に維持する効果があり、胃腸などの粘膜を正常にしたり、ドライアイなどの予防や視力回復効果のビタミンA。アンチエイジング効果、生活習慣病予防改善、血流改善のビタミンE。美肌効果があり、にきびやシミ改善の効果があるビタミンC。腸内環境を整え、便秘や下痢などを改善する効果の食物繊維。抗酸化物質であるルティンは紫外線のダメージを守る働きがあり、ケールに多く含まれています。一般的な野菜と比べても栄養素も豊富なのですが、ケールには独特の苦味と青臭さがあってクセがあるので食用には向いていないので粉末に加工されたり、独自の製法で飲みやすくして栄養価はそのままでと工夫がされています。ケールは野菜の栄養素を摂取して、美容だけではなく、動脈硬化や癌予防など大病も予防してくれます。自分の命に関わってくる病気にも効果的と素晴らしい栄養素たっぷりです。



イネ科の植物で大麦の若葉が20〜30センチに生育した新鮮な若葉のことです。古くから日本で親しまれていて麦ごはん、麦味噌として食されていました。体の中で発生した活性酵素を無害化するSOD酵素の効果が凄いのが特徴です。ガンや動脈硬化、肌老化にもつながる活性酸素を除去してくれるSOD酵素。美容面ではシミ、シワ、くすみ、たるみの肌の老化のトラブルにも改善効果がありSOD酵素含有量が多いと健康にも美容にも効果大といわれています。他にも腸を刺激して便秘改善、整腸作用がある食物繊維。有害物質を排出するデトックス効果のクロロフィル。肌荒れを予防してコラーゲンの生成に欠かせない成分のビタミンCで美肌効果。体の免疫力を高めて、風邪も引きにくい丈夫な身体をつくるβ-カロテン。大麦若葉はアルカリ性の野菜で酸性に偏った身体を正常化する効果で甲状腺機能も活性化されます。血糖値を下げたり血液をサラサラにする天然のカリウムも多く、脳卒中や心筋梗塞の生活習慣病の発生リスクを軽減してくれます。独特の臭みや苦味、クセも少ないので子供や野菜嫌いの人でも飲めるようにと多くの青汁の原料になっている優れものです。大麦若葉は青汁の中でも飲みやすいと人気が高いです。



クワ科の落葉樹で野生の桑は幹も太く、強い生命力を持っています。葉だけではなく、実や根、枝などすべて漢方薬の原料で利用されています。今は漢方薬でもおなじみの桑の葉です。糖分の吸収を抑えて糖分の吸収を穏やかにして糖尿病予防があるブドウ糖によく似た物質の1-デオキシノジリマイシン。医薬品として糖の吸収を抑制する薬と同じくらいの効果があります。ダイエット・メタボ対策で太りにくい身体をサポートするゴーヤの10倍のカリウム。カリウムには利尿作用や体の水分バランスを整え、水分代謝を高める効果があるので顔や脚のむくみ対策にも最適です。肝機能を高める効果があって二日酔い予防のY−アミノ酪酸のフラボノイド。体の新陳代謝をスムーズにしてくれるビタミンとミネラル。大腸の環境を整えて便秘改善のデトックス効果の食物繊維。健康維持には欠かせない桑の葉は緑色植物でもっとも血糖降下作用が強く、カロリーの過剰摂取を抑え身体に溜め込まないダイエット効果大で人気です。



今日摘んでも明日には新しい芽が出るといわれるくらい成長が早く生命力の強い植物で日本原産のセリ科の多年草です。栄養価が高く、香り爽やかでほのかな苦味がある緑黄色野菜です。生命力の強い明日葉は不老長寿の妙草として重宝されてきました。切った明日葉からでてくる粘り成分カルコンは美容や健康のためにいいといわれています。植物で明日葉にしか含まれないポリフェノール成分で健康維持の有効性が期待されているカルコン。抗酸化作用やガンを抑える作用があり、女性の悩みに多いセルライトにも効果的といわれています。むくみが減って血液がサラサラになりセルライトを解消してくれるカルコンパワーは凄いです。抗菌作用が強くアルツハイマーの予防にもいいといわれているクマリン。免疫力が高め、抗酸化作用があるため病気になりにくくするβカロテン。便秘改善にも効果的な食物繊維もたっぷりです。血糖値を下げたい、肥満を予防したい人、下半身のダイエットにおすすめの明日葉です。







 




ファスティングとは、英語のfast(断食する・絶食する・精進する)の名詞形で「断食」「絶食」を意味しています。一定の期間ファスティング(断食)をして、日々働き続ける内臓を休ませることで、本来の体の機能を上げ、体内の毒素を排出し、一度体内をリセットする方法です。古くは宗教的な儀式や精神修行の一環として行われてきた断食ですが、その隠れた効果に現代人が気づき、安全性を高めるためにアレンジしたものが現代のファスティングダイエットなんですよ〜体型を維持したいモデルや、アスリート、芸能人の間で話題になったファスティングダイエット。ファスティングにはダイエット効果はもちろんですが、デトックス効果、美肌効果、疲労回復、免疫力アップ、味覚改善、様々な病気の改善に効果があると言われているんです!今はダイエットだけではなく美容・健康維持のために実践する人が多いんですよ〜断食というと水だけのツライものというイメージもありますが、最低限の栄養素を摂りながら断食を行うことによって水だけで断食をするよりも圧倒的に効果が出るんです♪具体的には食事での固形物を摂らずに「ファスティング用の酵素ドリンク」や「野菜ジュース」に置き換えて体に必要な栄養素やミネラルを摂りながら、カロリーを抑えてダイエットしよう!というものです♪

 



ファスティングでは水だけの断食とは違い、脂肪燃焼に必要な代謝を高めるために、最低限の栄養素をドリンクなどで補いながら進めることが成功の秘訣です!ファスティングダイエットというと酵素ドリンクがあまりにも有名すぎて「ファスティングダイエット」=「酵素ドリンク」と考えている方も多いと思います。栄養素、酵素、カロリーが補えるファスティング専用の酵素ドリンクを選ぶ人が多いと思いますが、栄養価の高い緑黄色野菜から作られた青汁は栄養バランスも優れた飲み物なのでファスティングにもぴったりなんです♪青汁はケール、大麦若葉、明日葉などが主に原料になっているのでビタミンやミネラル、食物繊維も豊富に含まれています。また、大麦若葉の青汁には、もともとSOD酵素という抗酸化作用の強い酵素が含まれているため酵素ドリンク同様、代謝アップにも効果的なんですよ〜!そして酵素ドリンクはとても高価で4000円〜10000円以上するものも・・・酵素ドリンクは一杯当たり400円〜1500円の計算ですが青汁は一杯当たり100円前後とお財布にもとっても優しい〜♪青汁なら原料にこだわったものでも酵素ドリンクより安く手に入るので気軽にはじめられちゃいますね!更にカロリーも酵素ドリンクは一杯100〜300kcalくらいですが青汁は10kcalと低め。より効果的にカロリーを抑えてダイエットすることが出来るんです〜♪ただ、極端に摂取カロリーが低くなってしまうと人によってはふらつきや動悸など低血糖の症状が出る場合もあるそうです。プチ断食から始めてみたり、はちみつや黒糖で糖分を加えたりなどしていくと飽きずに長続きできると思いますよ〜





☆青汁ファスティングの仕方☆

 

カロリーの低い青汁は短期でダイエット効果を出すのに向いています♪

 

 

〜2日間短期集中ファスティング〜
青汁ファスティングの基本は、固形物を摂らずに青汁を飲む!これだけです。
ですが普段の食事から急に青汁だけに切り替えてしまうと胃腸への負担になってしまいます。
ファスティングでは断食の前に胃腸と体調を整えて断食をするためのウォーミングアップの期間、「準備期」+「断食期」+「回復期」というもとの体に戻すための期間がセットになります。
準備期と回復期はそれぞれ断食期と同じ期間を確保すると良いとされます。
M子のおススメ断食期2日間のプチ断食メニューをご紹介します〜

 

 

《準備期》
普段から砂糖を多く摂っている方は低血糖症や副腎疲労の恐れがあります。
予防のためにも甘いものは控えてファスティングのための体の準備をしていきます♪
どうしても甘いものが欲しいときにはフルーツや青汁にはちみつを入れて飲んだり青汁ヨーグルトもおススメです。

 

断食2日前:
食べ過ぎに注意!和食が基本の食事で腹7〜8分目を心がける。
間食や夜食、アルコールは控えなるべく20時までに夕食を済ませる。
白砂糖を使ったものを取らない。
ゆっくりよーく噛んで食事をする。

 

断食1日前:
基本は前日と同じ。
夕食では消化に負担のかかる肉類、魚類、卵などの動物性たんぱく質は控える。

 


《断食期》
断食中は冷え性でなくても体が冷えてくることがあります。青汁をお湯で溶かしたり半身浴をしたり体を冷やさないよう心掛けます。水分補給も大切。
この時期のカロリー摂取量は激しい運動に耐えられません。激しい運動は避けて散歩などの軽い運動がおススメ。
軽食は肉、魚、卵を以外。具なしの味噌汁やおかゆ、とうふなど。

 

断食1日目:
朝食→青汁
昼食→食前に青汁+おかゆや野菜スープなどの軽食
夕食→青汁

 

断食2日目:
朝食→青汁
昼食→食前に青汁+軽食
夕食→食前に青汁+軽食

 


《回復期》
ファスティングで重要な回復期は食べたものの吸収が高くなっています。
急に元の食事に戻すとリバウンドやファスティング前よりも太ってしまうこともあるので要注意です。
断食後半からの流れを大切にしておかゆやとうふなどの消化のいいものから始めていきます。

 

断食後1日目:
朝食→食前に青汁+軽食
昼食→食前に青汁+消化のいい食事
夕食→食前に青汁+脂ものや高カロリーを避けた食事

 

断食後2日目:
朝食→食前に青汁+軽食
昼食→食前に青汁+消化のいい食事
夕食→食前に青汁+普通食

 


断食前後で積極的に摂りたいものは“まごわやさしいっす”と覚えておくといいですよ〜

 

ま→まめ類
ご→ごま
わ→わかめ、海藻類
や→野菜
さ→魚
し→しいたけ、きのこ類、生姜
い→いも類
つ→漬物、植物性乳酸菌
す→酢の物、クエン酸

 

これらを1日の中でまんべんなく取り入れることでビタミン、ミネラル、アミノ酸バランスが整います。

青汁ファスティングはカロリーが低いので酵素ドリンクファスティングのように6日間などの長期のファスティングには向きません。
酵素ドリンクで長期にトライして一気に体重を落とせるのはとても魅力的ですがその分リバウンドへのリスクも高いです。
青汁ファスティングは短期集中型ですので心身への負担も少ないですよね♪
数か月に一度や、月の初めの週末に〜などと定期的に青汁ファスティングをしていくのがおススメですよ〜♪ご自分に合った周期でぜひトライしてみてくださいね!



 

 

 

 

 

 

 

Q:大麦若葉って?

 

A:大麦若葉とは大麦の穂が出る前の青々とした若葉の状態の植物です。栄養素がバランスよく含まれており、青汁の主原料となっていることが多いです。ケ−ルや明日葉などよりも味にクセがないのも特徴です。大麦若葉が主原料の青汁は飲みやすいのでおすすめします。主な栄養素はビタミンB2、ミネラル、食物繊維、鉄分などの種類も多くバランスよく含まれています。また、高血圧の予防や、血中コレステロールを下げるなどの効果も注目されています。

 

 

 

 

Q:青汁は野菜に例えるとどのくらいの量?

 

A:ホームページなどで「野菜に例えると○○分」などと記載されていたりします。1日の野菜の量の目安は350gが目標です。現代の日本人は野菜不足と言われています。青汁で野菜の不足分を補うというのはとても簡単な方法のひとつです。

 

 

 

 

Q:子供に飲ませても大丈夫?

 

A:大丈夫です。最近の子供たちは野菜不足の傾向にあります。野菜嫌いな子供だとさらに野菜が不足していると思います。子供の野菜不足解消にぜひ青汁を活用しましょう。青汁コップ1杯飲めば、緑黄色野菜50g くらいの野菜を補うことができます。青汁が苦手な場合は蜂蜜で甘くしたり、牛乳やアイスやヨーグルトに混ぜたり、ホットケーキや卵焼きに混ぜても美味しいです。

 

 

 

 

Q:妊娠中や薬の服用中などでも飲んでも大丈夫?

 

A:記載されていることをよく読んでください。青汁によっては「妊娠、授乳中の方、薬を服用している方の使用は控えて下さい」と記載があります。「妊娠中や病後などの栄養補給にもおすすめ」などと記載されている場合は、問題ないと考えられますが、気になる方は医師へ相談することをおすすめします。

 

 

 

 

Q:青汁はダイエットにいい?

 

A:ダイエット中は便秘になりがちですが、青汁は食物繊維が多く含まれているため、ダイエットのお手伝いとなると思います。他にも体が喜ぶ成分が摂取できるので、ダイエット中の野菜不足解消に青汁は最適と言えます。

 

 

 

 

Q:置き換えダイエットに使える?

 

A:栄養価が高いので、食事を粉末青汁に置き換えてダイエットできると考えるかもしれませんが、青汁だけでは置換えた時の空腹感のストレスが大きいでしょう。無理なダイエットとなり、逆効果となってしまう場合があるため、青汁だけの置き換えダイエットはあまりおすすめできません。

 

 

 

 

Q:毎日スッキリできる?

 

A:青汁は腸内環境をサポートする食物繊維やオリゴ糖などが配合されているものがほとんどです。実感できたという声が多いです。しかしあまり変化がないという声も多いのも事実です。青汁は医薬品ではなく、成分の配合量や飲まれる方の個人差があると思います。

 

 

 

 

Q:飲むなら青汁と野菜ジュース?

 

A:それぞれ良いところがあります。野菜不足を解消したり、健康維持が目的なら、青汁のほうがおすすめです。青汁は栄養面だけでなく、糖質が野菜ジュースの1/10以下です。もちろんカロリーも1/7ほどです。野菜ジュースは加熱処理によって一部のビタミン、ミネラルは失われてしまっています。青汁は酵素が含まれているので、高い抗酸化作用があります。アイチエイジング効果、生活習慣病予防にもなります。

 

 

 

 

Q:青汁とグリーンスムージーの違いはなに?

 

A:スムージーは野菜と果物をミキサーなどでジュースにしたものです。1番の違いとしてはスムージーには果物を入れること。野菜:果物=4:6。青汁は緑の野菜を使ったものです。野菜そのものの味がします。美味しく飲みやすいのはグリーンスムージーだと思います。栄養素の観点ではどちらも優れていますが、グリーンスムージーには果物が入っているので糖質が含まれています。糖分の過剰摂取には注意しましょう。また、青汁は粉末や錠剤で手軽にすぐに飲めますが、グリーンスムージーはその場で材料を用意して作るので、多少の手間はかかります。グリーンスムージーは内容を変えて味を楽しめますが、青汁は飲み物としては飽きが来るかもしれません。

 




 

 

 

 

 

 

半年前、主人が健康診断でひっかかってしまいました。

 

主人はお肉大好き、揚げ物大好き、野菜は好んで食べません。

 

残業の時はコンビニ弁当や牛丼など・・

 

好きなものしか食べない生活でした。

 

このままではいけないと思い、我が家は食生活を見直しました。

 

私は野菜中心を意識して献立を考えるようにしました。

 

それでもやっぱり野菜不足ではないかと不安になります。

 

てっとり早く野菜不足を解消できる!と我が家が取り入れたのは青汁。

 

きっかけは調剤薬局に青汁はおすすめ!と書いてあるポスターを見かけたから〜

 

すぐに飲みやすい青汁を調べました。

 

そこでたどりついたのが「えがおの青汁満菜」です。

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

緑でシンプルな箱です。

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

中身はぎっしり入ってます。

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

1箱31本入り〜

 

我が家は3人で飲んでいるのであっという間になくなってしまいます。

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

使いやすくなってます。

 

くまもんのふりふりシェーカーが付いてます。

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

ふとっぱらです!

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

シールもついてます♪

 

スプーンでかきまぜること数回!

 

あっという間に溶けちゃいます。

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

キメが細かくすぐに溶けます。

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

お水の量は100mlが目安みたいです。

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

抹茶みたい。

 

もし濃いと感じたら、自分で量を調節すればOK。

 

スティックは手軽でとってもいいです。

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

手軽に作れちゃいます♪

 

牛乳や豆乳に混ぜて飲むのもお気に入りです。

 

抹茶オレになります。

 

HOTもおいしい。

 

私はHOTで飲むときははちみつを少し入れます。

 

HOT抹茶オレハニー♪

 

麦茶に混ぜたらさっぱり健康茶!

 

おいしいですよ〜おすすめです。

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

おすすめの食べ方ヨーグルト♪

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

混ぜるとこんな感じになります♪

 

他にも、カフェオレにまぜたり、パンやホットケーキに混ぜてみたり、いろんな飲み方、食べ方があります。

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

ゴクゴク飲めちゃいます!

 

主人は毎朝、朝ごはんの時に飲むようにしています。

 

ボトルに入れて会社に持って行く時もあります。

 

私は思い立った時に飲んでいますが1日1スティックはかかさず飲んでいます。

 

1日に必要な野菜350g以上の栄養素がこの中に・・

 

毎日体にいいことをしている満足感♪

 

青汁人気ランキング@美容に健康に主婦M子の青汁おすすめ!

 

週間にしたいですね!

 

すぐに見られた変化は、毎朝快便になったこと。

 

飲み始めて1週間で変わりました!!

 

そして気がついたら肌荒れをしなくなったこと。

 

化粧ののりがよくなりました。

 

子どもはこの冬は風邪をひきませんでした。

 

我が家の救世主となっている「えがおの青汁満菜」。

 

飲みやすくて続けられます。

 

家族皆の健康の為に、そして私は美容のために、今後も続けていきます。